がんばってるのにうまくいかないと感じていた私
自分ではない他の誰かさんになろうとしていた頃

例えば、育児とフルタイムキャリアの両立をしている誰かさん

私の場合は、保育園はほぼ毎日延長。

夕飯は子供達は保育園で食べるので別々だった。 
私は子供達と一緒に夕飯を食べたかった。

今しかない幼い時期にもっと一緒にゆったりと過ごしたかった。

時々、帰宅後、バタバタしながら手作りすると 調味料を間違えた。

「ママのおいしいごはんがよかった」と
子供に泣かれた。

例えば、家事をテキパキこなす誰かさん

私の場合は、夕飯の後片付けをそのままにして、
子供達をお風呂に入れて寝かしつけしてたら
いつも一緒に寝落ち。

朝方起きてお風呂に入り、シンクにある食器を片付ける。
洗濯物や、朝ごはんの用意、支度でいつもバタバタ。

ある日、燃えるゴミの日のゴミ袋を持って家を出たのに、 出し忘れてベビーカーにひっかけたまま保育園に行きそうになる。

例えば、夫婦仲の良い誰かさん

私の場合は、 言いたいことを我慢して、溜めてある日爆発するというパターンを繰り返す。

近所に聞こえる位の 音量で、お互い感情的に怒鳴る時もあった。

いつのまにか話題は子供のことだけの時期もある。
夫は帰宅が遅いから、平日は会話をする機会もあまりなかった。

目指している姿があまりにも現実の私の姿とかけ離れていて、苦しかった

がんばって、がんばって もがいている感覚ばかり感じていた。
今の私がこの頃の私に声を掛けるとしたら なんていうだろう。

まず、

「毎日たくさんがんばってるね。
がんばってる自分を自分でたくさんほめてあげてね。」
と言いたいな。

それから

他の誰かさんになんてなれない
他の誰かさんになんてならなくていい

だって、私は私だもの。

本来の私はすでにたくさん持っているんだよ。
素の私で十分輝いているんだよ。

だから絶対大丈夫。

生きている今この瞬間の感覚を 安心してたくさん感じて味わってほしい。
子供のぷにぷにのほっぺとか、 抱っこした時の柔らかい身体や重みとか、あたたかさとか。

私で生きるプロセスを遠慮なくたくさん楽しんでほしい。

私は、人生とは人として生まれてから死ぬまでのプロセスだと思っています

このプロセスの中で、何を成し遂げたかよりも、何を感じたかを大切にしています。

私は自分に愛をめぐらせ、自分がやりたいことを自分に思い切りやらせてあげているだろうか。

自分に愛をめぐらせる人は周りにも愛をめぐらせる人だと信じているからです。

いつも自分に問いかけていたい言葉です。

そして、人生というプロセスを最高の仲間と一緒に楽しみたいと思っています。

Profile

樫村 由香

  • 国際コーチング連盟アソシエイト認定コーチ(ACC)
  • ライフコーチワールド認定ライフコーチ
  • 国家資格 キャリアコンサルタント

主なライフイベント

20代前半:
幼い頃から憧れていた初めての海外長期滞在へ出発。日本語教師プログラムを通してオーストラ リアで1年過ごす。

20代後半:
帰国後、英語を使う仕事がしたくて留学カウンセラーとして働く。

30代前半:
学歴にコンプレックスがあったので大学卒業資格を得たくて通信で大学へ編入をして卒業。
運命の人を探しにワーキングホリデーでカナダへ。
帰国後、出稼ぎのつもりで福岡から東京へ上京。
手に職をつけたくてキャリアカウンセラー資格取得のため学校へ通い資格取得(後に国家資格 となる)

30代後半:
現夫と結婚・長女を出産。
半年の間に2回の繋留流産を経験 ・流産をきっかけにライフコーチングを学び、ライフコーチワールド(LCW)認定ライフコーチとなる。
次女を出産。

40代前半:
ライフコーチとして独立しようと思い、次女の育児休暇中に起業塾で学ぶ。
夫の単身赴任先アメリカ西海岸で家族で1ヶ月間過ごす。
自由な人生を手に入れたくて会社員を辞めて起業する。起業して稼ぐことは、想像していたよりも大変なことに気付く。

40代後半:
夫とのお金の話し合いがきっかけで、しがみついていたものを見極めて ひとつひとつ手放していく。
子供の受験勉強をサポートしたくて家族の時間を優先順位1番にする。
コーチングスキルを磨き続けるため、国際コーチ連盟ICF認定資格アソシエイト・サーティファ イド・コーチ(ACC)資格を受験合格。
中学受験を目指す長女とのバトルが絶えず、家庭内から家族の笑顔が消える。
終わりにマルと思える生き方研究所で、どんな自分にもマルをつける生き方を実践する。
自分に愛をめぐらせることで家族に笑顔が戻る。